○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

特産のゆば一筋創業75年

内容 マップ コメント(3)
執筆 まっち   掲載 2009年03月28日 09時05分   カテゴリ 但馬の観光と味覚

昭和9年1月1日創業以来、75年ゆば一筋を貫く養父市小城の「生ゆばのゆば甚」は、国道に背を向けている上、看板もないので、皆さんあまりご存じではないのではないでしょうか。

二代目の松田正司さんが、熟練の技でゆばを作り上げていきます。まずは、固まり具合をチェックします。
 

[seperator]
専用の竹で均等に四角にまとまったゆばを引き上げていきます。
 
松田さんは新製品の開発にも積極的で、生ゆばのほかに、汲み上げゆば、引き上げゆば、餅のゆば巻き、ゆば包み、ゆば小町、海老身上のゆば巻き、生ゆばとカニの婚約物語・雑炊セット、ゆば丼などを開発している。最近では「ゆば丼」がNCC長崎文化放送テレビでも紹介されたとのことです。
 
厳選した大豆を原料に地元の豊かでおいしい水を使った生ゆばを生産し、東京、名古屋、京都、大阪などの製造卸売販売を主としているほか、「生ゆばの味を少しでも多くの人に知ってもらいたい」と松田さんが開設したホームページでの販売、来店者への小売もしています。ぜひご賞味ください。
▽「ゆば甚」ホームページアドレス=http://yubaya.com/
 

マップ

コメント

知らんかったなあ〜
きっさん : 2009-3-29 14:57
近くは何回も通っていますが初耳です。知らんかったデス。
生粋の職人さんのようですね。良い情報だわ!
湯葉のお店
しこさん : 2009-3-28 10:24
養父に湯葉のお店があるのは知りませんでした。
湯葉も色々あって生麩や丹波地鶏、合鴨もあるんですね。
是非行ってみます。
まっちさん情報有難う。
ゆば
ひさみっちゃん : 2009-3-28 9:19
懐かしい名前ですね、昔食べた記憶がありますが最近は口にしたことがありません。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ