○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

生野銀谷のひなまつり<2>

内容 コメント(6)
執筆 せきやん   掲載 2009年03月08日 21時15分   カテゴリ 但馬のイベント

春を告げる 生野・かなやのひな祭り 、まさにその名の通りの春の陽気のなか、いろいろなお雛様やかわり雛と出会ってきました。とてもみんなご紹介できませんが、その一部をご覧ください。









地域の住民120軒のみなさんのご協力による開催ですが、どのお宅も大変立派なお雛様とかわり雛。

[seperator]



お雛様の起源は平安時代といわれています。今日見せていただいたのは江戸時代から明治・昭和初期の由緒ある立派なおひなさまが数多くありました。


今日8日が最終日でしたが、この期間各所にお休み処が設けられ、コーヒや名物のハヤシライス、3色だんごなど格安でいただく事ができました。生野住民の但馬情報特急特派員「たけさん」もマインホール甘味処のおもてなしスタッフ。




これは生野まちづくり工房「井筒屋」さんに飾ってある吉川邸の」お雛様。
明治29年と書かれた紙に包んであったものと説明されています。
今年初めて公開されたものです。




公開いただいた120軒の皆様、貴重な宝ものをみせていただき誠にありがとうございました。

コメント

貴重なお雛様
しこさん : 2009-3-10 15:11
たけさんお疲れさまでした。
さすが歴史ある生野に残されていたお雛様の数々、
きれいに大切に保管されていますね。
生野町の栄華が思いおこされます。
銀谷のひなまつり
まっち : 2009-3-9 17:38
町が雛人形一色に染まる様子は、きらびやかでしょうね。一度見にいきたいと思います。
スタッフのたけさん、お疲れ様でした。取材のせきやん、つねちゃん御苦労様でした。
盛況なひな祭り
きっさん : 2009-3-9 12:24
但馬で一番お金持ちの生野ならではのイベントですね。
盛況な様子が伺えます。
かずくん : 2009-3-9 9:25
これだけの雛飾りがあるということは、いかに昔生野が鉱山で潤っていたかということか想像できますね。
お疲れ様でした
さぼねー : 2009-3-9 3:24
無事に終わりましたね
お疲れさまでした。
せきやん、お天気でよかったですね。
たけさんが雨女?なので心配していました。
ありがとうございました。
たけさん : 2009-3-9 1:42
「銀谷のひな祭り」に来ていただいた皆様ありがとうございました。
四日間の接待はさすがに疲れましたが、大勢の方に来ていただいて楽しんでいただけたのではと喜んでいます。
生野では4月3日の旧暦で祝いますので、井筒屋・生野書院・保険センターや各商店などのひな飾りは一ヶ月間見ていただけます。
今回来ていただけなかった方も、ぜひお越しください。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ