○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

県民ふれあいデー

内容 コメント(6)
執筆 きっさん   掲載 2008年10月19日 20時41分   カテゴリ 但馬のイベント

朝来市和田山町安井にある県立北部農業技術センターで19日第14回県民ふれあいデー但馬食文化まつりと連携して開催されました。

本館管理棟(左)          畜産センター(右)

但馬牛焼肉試食コーナー     これで1人前の試食分(右)

こうのとり牛乳の試飲コーナー(左)     面白ミニ講演会(右)
 
但馬牛は500頭飼育(左)      牛の目的に適したえさ(右)

牛糞たい肥の無料コーナー
一人5袋まで無料持帰り、家庭菜園を楽しんでいる私には最高のプレゼント、でも自分で袋入れします。臭いとの勝負でしたぞ。
その他、研究の成果の展示、農産物と加工品・花の販売、新規加工品の試食、家畜とのふれあい、さつま芋掘りの体験等々盛りだくさんの催しがあり大賑わいでした。
[seperator]
県立北部農業技術センター農業部は、兵庫県北部に適した農作物の品種改良や栽培技術の開発、伝統特産物の生産拡大などに取り組み。畜産部は、産肉能力に優れた種雄牛の選抜、系統維持を図るとともに効率的な飼養管理技術の開発など但馬牛の更なる能力向上に取り組み。食品加工流通担当は、替わる消費者ニーズにこたえて県内農畜産物の品質向上のため評価法の開発、地域特産物を活かした加工食品の開発に取り組んでおられます。

コメント

Re: 県民ふれあいデー
しもやん : 2008-10-23 14:04
法事、因幡旅等々2−3日ぶりに開くと元気な子供達、美味しい画面、ところで但馬牛の種牛になると一攫千金なのですよ、知り合いの畜産家数十万で買った子牛が翌年2000万で某県お買い上げになったとか、また夢を追って止められないでしょうね!
Re: 県民ふれあいデー
かずくん : 2008-10-22 9:31
やっぱり但馬牛はいいですねえ。でも、その但馬牛を売っているところが少ないのが難点ですね…
Re: 県民ふれあいデー
さぼねー : 2008-10-20 16:17
別のところに取材に行くと
言ってた場所はここなのですね。

但馬牛を食べに来たのですね・・・

冗談だよ〜

センターから見下ろすとのどかな風景
時間がゆっくり過ぎる場所です
Re: 県民ふれあいデー
まっち : 2008-10-20 12:31
めったに行く機会はないですが、北部技術センターは竹田の山麓で但馬の農業の最新技術を研究している施設です。
Re: 県民ふれあいデー
しこさん : 2008-10-20 9:36
私は、臭いのより美味しい試食の方がいいです〜。
試食にしては、一人前でもたっぷりの量ですね。
Re: 県民ふれあいデー
せきやん : 2008-10-19 23:10
きっさん
その臭い肥料持ち帰って、家庭菜園でなんの
収穫につながるのでしょうか。
特派員グループに収穫祭してくれませんか。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ