○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

瓶子渡「さあござれ」「さあ」

内容 コメント(4)
執筆 きっさん   掲載 2008年10月17日 18時57分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

朝来市山東町粟鹿神社秋季例大祭で瓶子渡(ヘイジワタシ)の儀式が古式ゆかしく行われました。

粟鹿神社は、とても歴史のある神社です。
但馬筆頭の名大神社で、その創始は紀元前にさかのぼります。
勅使門が開くのは10月17日の秋季例大祭のみです。(上の画像右側)

麻の裃を着用した4人の当人のうち2人が本殿前の階上と階下に分かれ、御陵柿、茄子、稲のひこばえ等を盛った三宝を「さあござれ」「さあ」と言いながら、左右交互に差し違えます。
数回繰返し意気が会った時に三宝を階上の者に渡し、殿内に納めて儀式が終わります。

宮司を先頭に勅使門から入場(左側)  意気が合って三宝を渡す(右側)
240年前から伝わっている伝統で全国にも例を見ない、ユニークな儀式作法です。
元気な腕白者の子供相撲も奉納されました。


瓶子渡の儀式を動画でご覧下さい

[seperator]



コメント

Re: 瓶子渡「さあござれ」「さあ」
さぼねー : 2008-10-20 15:50
厳かな儀式ですね。

江戸時代にタイムスリップします。

ドドーンとしたイメージのある粟賀神社
さすがです〜

きっさんジモネタ詳しすぎぃ
Re: 瓶子渡「さあござれ」「さあ」
しもやん : 2008-10-18 18:13
勅使をお迎えした由緒ある神社、以前行った折、境内も綺麗に清掃され荘厳な気が漂っていました。神前奉納されている「竹泉」1斗樽何人で平らげるのでしょうね、気になるな〜
Re: 瓶子渡「さあござれ」「さあ」
まっち : 2008-10-18 12:57
瓶子渡は、初めて見させていただきましたが、ユニークな儀式ですね。240年も続いているということもすばらしいです。
Re: 瓶子渡「さあござれ」「さあ」
せきやん : 2008-10-18 8:09
さぁござれ!さぁ!・・・なかなか面白い儀式ですね。
最後まで息が合わなかったときは、やり直しですか。

日頃は静かな境内が、子供たちの元気な声も聞こえる
秋晴れのなかの儀式。ホっとする瞬間です。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ