○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

地才地創シンポジウムIN但馬

内容 コメント(2)
執筆 まっち   掲載 2008年06月08日 13時28分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

平成20年6月7日(土)、養父市立ビバホールにて地才地創シンポジウムIN但馬が開催され、約250人が参加。オープニングは建屋小学校6年生によるあばれっこ太鼓。

講演は、元ミスユニバース日本代表で朝来市にムーセ写真館を開館した写真家織作峰子さん。但馬には自然という大きな財産がある。地元の人が自信を持って積極的にアピールすることが大切など講演し、ご自身が撮影した朝来市や石川県能登の写真などを紹介。

パネルディスカッションでは、但馬内で新たな取組に挑戦している方々が熱く討論。生野では、昨年立ち上げた鉱石の道推進協議会が生野鉱山1,200年事業で老若男女が地元の良さを再発見し、継続して取り組もうとがんばっている。竹野の北前館は経営赤字をばねに「たけのスタイル」を確立し、塩作り、炭作り、シイタケ栽培、漁船に乗るなど自然を活かした体験メニューで修学旅行客を受入。浜坂では、カニ、ホタルイカ、温泉の付加価値としておもてなしの心を加えたカニソムリエを養成。

この度、「城下町八木の明日を創る会」の事務局を受ける私には物語性、環境にやさしい、地域資源の活用、他地域との連携、地域の活性化に熱心に取り組む人、情報発信などの先進事例を聞くことができ、大変参考になるシンポジウムでした。

コメント

Re: 地才地創シンポジウムIN但馬
かずくん : 2008-6-10 8:42
この日は、僕も田舎暮らしセンターを開設しに会場に行ってましたよ。最初の子供たちの太鼓がよかったですね。
Re: 地才地創シンポジウムIN但馬
きっさん : 2008-6-8 19:59
「城下町八木の明日を創る会」の事務局、まっちさん頑張って下さい。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ