○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

昔話 <鼻かけ地蔵>

内容 マップ コメント(3)
執筆 しこさん   掲載 2008年06月01日 16時30分   カテゴリ 但馬のイベント

今日、6月1日は楽々浦の村はずれに奉られている「鼻かけ地蔵尊」のお祭りです。
 
 昔々、湾の底から引き上げられた地蔵さんは、
 そのお礼に鼻から米を出しました。

 その後、欲張り者がノミで鼻の穴を削り大きくして
 一度にたくさんの米を出そうとしたら
 それ以来米は出なくなりました。

 このお地蔵さんの鼻が欠けているのは、
 その為のようです。



(下の写真クリックして下さい


  


一つだけの願い事は必ずきいて下さると信じられています。


お天気も良く多くの人達のお詣りがありました。  :(@_@)


[seperator]
お地蔵さんの横を流れる円山川の入江、楽々浦湾に浮かんだ「浮島天神」と
楽々浦地区の隣、戸島の人口巣塔での子育て中の「こうのとり」です。

(デジカメズームで見えにくいでしょうが、3羽のヒナも大きくなったようですね。)
(小さい写真クリックして下さい)

 


どうぞヒナが無事に巣立ちますように・・・。   :o(^-^)o


マップ

コメント

Re: 昔話 <鼻かけ地蔵>
せきやん : 2008-6-2 13:25
人口巣塔の3羽のこうのとりが、無事巣立ちをむかえるよう
鼻かけ地蔵さんに願います。
しもやんと違い謙虚な願い。
Re: 昔話 <鼻かけ地蔵>
しもやん : 2008-6-2 9:25
楽々浦の名前が素敵です、当初読み方がわかりませんでした。欲深い私は願いは一つと云わず沢山あるのですが?。とりあえず今日は好天を願いたい。
Re: 昔話 <鼻かけ地蔵>
きっさん : 2008-6-2 7:48
鼻かけ地蔵の昔話は、第1回但馬検定の試験問題にも出ていました。こう云う民話は後世にも語り継ぎたいものですね。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ