○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

復活!永楽館<3月例会>

内容 マップ コメント(7)
執筆 ハッシー   掲載 2008年03月16日 12時00分   カテゴリ 特派員だより

3月も半ば、昨日(3/15)は但馬に春の到来を告げる“出石初午”の本祭。晴天に恵まれました。その出石で3月例会を開催しました。


突然の写真、分かりますか?これはまもなく復活する芝居小屋”永楽館(えいらくかん)の奈落(ならく)からのアングルです。


話は明治期、旧家の主人の芝居好きが講じて立ち上げた"芝居小屋”。昭和40年代、テレビの普及、娯楽の多様化により閉館となった”永楽館”が時代を超えて復原(ふくげん)されます。今日は、施工監理されている設計士さんに”熱意のこもった”現場説明を受けました。


本格的な設備を誇る永楽館、花道もあります。両袖の広告看板は時代を感じさせます。一方、復原に必要最小限の新材料には職人さんの想いと刻印が入れられています。
<クリックして確認してね!>



少しだけ中の様子をご覧下さい。

この現場では看板にて作業状況を皆さんに公表されています。また、杮落としは”片岡愛之助さん”の公演、楽しみですね。



*今回も特派員一同、熱心に学習しました:o(^-^)o
 建築士さん、棟梁さんお忙しいところありがとうございました。

マップ

コメント

Re: 復活!永楽館<3月例会>
まっち : 2008-3-17 12:33
明治、大正期の賑いを垣間見るような思いでした。ありがとうございました。復原後、もういちど行きたいものです。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
きっさん : 2008-3-17 7:33
当時の材料の持ち味を生かしながら、
すべてをこれからの100年に残すという匠の技に
ご立派といいたいです。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
しもやん : 2008-3-16 19:51
葛畑の農村歌舞伎とこの永楽館、但馬の財産です。見学時但馬検定に出る素材との声ありましたが、らしき問題は「三味線、語りの人がいる場所」は?で「太夫座」を正解とする問題がありました。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
しこさん : 2008-3-16 19:21
建築士さん、大工さん達の技で復原工事できる事、
地元の者として嬉しく思います。
興味深い見学でした。

杮落とし楽しみです。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
スローにん : 2008-3-16 18:05
復元工事でなく復原工事という発想に感心すると共に、大正時代開館当初の姿を史料に忠実に復原されている現場を観させて頂いてありがとうございました。

新しく生まれた大正ロマンあふれる永楽館が末永く活用される事を期待します。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
ユウ : 2008-3-16 16:38
一緒させてもらいありがとうございました。
建築士と棟梁の技が伝わってくる現場でした。

杮落とし 絶対見に行きます。
Re: 復活!永楽館<3月例会>
せきやん : 2008-3-16 12:59
現在の木や建築資材を使っての復元とちがい
大変な努力がはらわれています。
普段見ることの出来ないところを拝見し感謝します。
F建築士さん、T棟梁ありがとうございました。
8月の杮落が楽しみですね。
投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ