○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

北近畿自動車道・八鹿日高道路開通式

執筆 せきやん   掲載 2017年03月25日 19時19分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
本日2017年3月25日、北近畿自動車道の八鹿日高道路の18:00開通にさきがけ、15:30より開通式が開催されました。その様子をお届けします。

地元住民はじめ多くの人たちも参加する開通式。










兵庫県知事、国会議員、各市町の来賓の方々によるテープカット。




近くの園児たちも参加




来賓によるながーーい挨拶もなく八鹿に向かって走り初め。
パトカーを先頭に、ドクターカー、消防自動車など








続いて知事、市長などの来賓車





八鹿日高道路は9.7キロ。 但馬から京阪神へのつながりがますます便利になりますね。

今日のジオパーク・神鍋溶岩流

執筆 せきやん   掲載 2017年03月25日 19時00分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
     春を感じに神鍋溶岩流遊歩道を山宮休憩ポイントから上流に向かいましたが・・・

     雪解けの水がゴーゴーと音たてて流れていました。












      遊歩道はまだこんな残雪があり、八反の滝まで通しで歩くことはできません。




     
      いったん山宮に戻り、車で上流へ行き八反の滝を観賞

        

      すさまじい音たてて水が落下していました。



      春告げの溶岩流遊歩道はもう少し先のようです。      

但馬攻め陣城の跡・早春の京川城跡

執筆 せきやん   掲載 2017年03月24日 19時35分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
4月が目の前でも、まだ中腹以上に雪の残る山々が多い。しかし、但東町小谷にある標高約211mの京川城跡にはもう雪はない。散歩の続きのような時間で行ける距離なので、大雪の後の早春の城跡を見てきました。

城跡から床ノ尾連山



小谷集落から見る京川城跡。
山名氏城跡保存会の西尾孝昌先生の文献によれば、織豊勢力による但馬攻めの陣城で、時期的には1580年頃の出石・有子山城攻めが考えられるとの事。




この看板の前に駐車場もあり、173段の階段を上がり岩本神社へあがる。神社から山道歩いて20分ほどで城跡到着。駐車場からでも30分ほどで到着。


  

岩本神社から・・・




こんな所を通って・・・



歩きやすい登山道



そして  これが城跡



城跡から東床の尾山方面





同じ位置から以前の4月上旬の写真です。タムシバが咲き、小谷、相田集落の桜が綺麗に見えます。


 

今年はタムシバの開花が少し遅いような気がしますが、まもなく山のあちこちに白い花が見られるでしょう。

花梨神社裏から青倉山へ

執筆 ユウさん   掲載 2017年03月20日 20時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
今日は一寸変わったルートから青倉山(810m)へ登ってみました

登山口は川上集落の最奥にある 花梨神社です


神社まで上ってしまうと頑丈な鹿柵があるので 北側から回り込み尾根に取りつきます


植林帯を過ぎ P620付近から自然林の尾根に変わります


見晴らしの良い気持ちの良い尾根です


山頂付近には雪が残っていました


ツボ足で十分歩行可能です


青倉山山頂です 積雪は30僂らいかな




春霞で展望はイマイチ 


川上集落まで青倉神社の旧参詣道を下って 所要時間は約5時間30分
春の陽気で気持ちの良い山歩きとなりました

 

別所の血を守り抜いた武将「重棟」

執筆 まっち   掲載 2017年03月19日 19時33分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
平成29年3月19日(日)八木城跡まちづくり会の精鋭42名は、三木市に行ってきました。

三木文化会館、開演前です。

三木市と養父市は、歴史の上で、別所氏を通じて深いかかわりがあるのです。

本日の出演者は、以下のとおりです。

開演待ちしている八木城跡まちづくり会のメンバーです。

開演直前です。残念ですが、以後撮影禁止です。

閉演後、養父市のみ残っています。

小林会長は、神戸新聞の取材を受けています。

重棟の正室、春子姫のお見送りに満面の笑顔。これは、入れておかねば…。

養父市からお越しの方は、舞台に上がって記念撮影です。

せっかくの記念撮影なのに、カメラの設定間違えた。全部ピンボケ。

やっと、カメラ設定を戻せたら、集合写真終了後でした。(画像クリックで大きくなります。)
  
帰ります。

笑いあり、涙あり、感動しました。天下泰平を願う別所重棟の人情溢れる演劇でした。歴史に興味のある方は、ぜひ三木へ。

北近畿豊岡自動車道 八鹿日高道路を歩く

執筆 きっさん   掲載 2017年03月19日 16時02分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
3月19日、快晴、北近畿豊岡自動車道八鹿日高道路の開通(3月25日)に先立ち、
養父市主催の開通記念プレイベント「パノラマウォーク&トンネルウォーク」に参加。
八鹿氷ノ山IC側、大屋の和太鼓衆綺羅星の皆さんの威勢の良い演出でオープニング。


広瀬養父市市長のご挨拶。 養父市のキャラクター「やっぷー」も参上。


開通前の八鹿日高道路の橋梁やトンネルをウォーキングしながら、まち、山、川の眺めを楽しむ。


開通前に道路を歩くことができるのはこの日だけ。グループ、家族連れ、バス団体等々人・ひと・ヒト。


北近畿豊岡自動車道八鹿日高道路・本線道路上 八鹿氷ノ山IC〜養父・豊岡市境 片道約7km折返し。


折返しルートの自動車道案内表示看板。 往復14kmは長〜い距離です。


NHK神戸放送局「ニュースKOBE発」のキャスター垂水千佳さんとスタッフが取材中。


こんなポーズもビデオに撮っていました。オレンジ色のウエアーを着ている人が垂水キャスター。


受付で頂いたコース案内のパンフレット、片道7,000mのうちトンネル歩行は5,250mでした。


今回の最初で最後のイベントは、日高神鍋高原IC側からも、日高区長協議会や豊岡市商工会、日高神鍋観光協会、市などで構成する「北近畿豊岡自動車道「八鹿日高道路」開通記念豊岡市実行委員会の主催で、完成する道路やトンネルを会場として、イベントが行われました。

但馬に春を告げる出石初午本祭

執筆 せきやん   掲載 2017年03月18日 21時07分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
2017・3・18 今日は但馬に春を告げる出石初午の本祭の日。うす曇りの空模様の中、遠く各地からもたくさんの観光客でいっぱいとなりました。



江戸時代、出石藩主が旧暦2月の最初の午の日に、一般町民に出石城の大手門を開放して城の中にある稲荷神社参拝を許可したことに始まるとされる祭り。



神社境内から町並を展望すると、いろいろなイベントが開催されてるようです。




お化け屋敷、自動車展示・即売、いけばな展、福くじ、露店約100店・・・いくつかの様子をご覧ください。

















もうすぐ桜の季節ですが、ここからの景観は桜の綺麗な場所。そして弘道小学校前は臨時の駐車場OKで開放されていました。弘道小学校の校舎はユニークです。


     


     


春を告げる花、イベントは全国いくつもありますが、もうすぐ高校野球の開幕です。平和な日本の平成29年の春本番はもうすぐですね。

残雪の<三川山>

執筆 ユウさん   掲載 2017年03月17日 19時00分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
日高町神鍋の稲葉集落から三川山に登ってきました

山に入るとまだタップリと雪があります


ここから林道を離れて尾根を上ります


急坂を上ると気持ちの良い雪の尾根


そして若いブナの林


今日はブナの林の中を探索しました


これは山頂付近のブナです


残念ながら霧氷はほとんど落ちていました


途中まで林道を下りましたが深い所では約2mくらいの雪 
トラバースでは緊張の連続でした


但馬の山はまだまだ残雪歩きを楽しむことができます

表米・駅裏登山道から竹田城跡へ

執筆 せきやん   掲載 2017年03月12日 23時50分   カテゴリ 但馬の伝統・歴史遺産

本文を開く
本文を閉じる
快晴の3月12日(日)、和田山町の室尾山登山が早く終わったので、竹田城跡を登山道を使って見学してきました。日曜日ですが、時間は15時すぎのため観光客はもう少なめでした。場所が場所だけに少し投稿画像が多く長いですが、辛抱して最後まで見てください。

       表米神社から上り、城跡を見学し駅裏登山道を使って下山というコースです。
       最後の方に余分な一コマがありますが併せてみてください。

長い期間通行止めであった表米神社からの登山道。正面左側に登山口があります。



こちらの道は急な木の階段の道。 木の階段は先ほどまでの室尾山登山の後なので堪えます。



中腹からの歩道に合流。            しばらく歩いて料金所

   


城跡は北から南へ一方通行。     説明抜きですが見てください。



















一方通行のためもう一度料金所前にもどり 駅裏登山道を下山しました。





    

竹田小学校からの道は通行できなくなっています。竹田城下町を流れる小川の花しょうぶがなくなりました。久しぶりに周辺を歩きましたが、以前に比べて少し残念なところがありました。
桜の花は本格的な春待ちです。


まだ明るい時間で帰宅途中の道でしたので、「茶すり山古墳」に立ち寄りました。

   


そして薄暮の時間に豊岡道を通る車の光跡です。 赤が但馬蔵方面、白っぽい方が春日方面への光跡です。ヘッドライトとテールランプの色の違いです。



東を見ればこんな満月。少し慌てて撮りましたので月面が確認出るような画像になっていませんが・・・
すぐに雲に隠れました。



       一日で室尾山登山、竹田城跡登山、茶すり山古墳見学+薄暮の豊岡道光跡観賞・・・
       今日はこんな事ができる気持ちのいい天候でした。
    

早春の花咲く室尾山

執筆 せきやん   掲載 2017年03月12日 22時49分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
2017・03・12、まだまだ冬の名残の続く但馬の空模様ですが、今日は朝夕気温が低いものの快晴の天候でした。早春のこんな花の咲く和田山町の室尾山(標高629.7m)に登ってきました。

                                  紅梅




                                  ミツマタ



和田山町岡田、法宝寺にパークさせていただいてこんなコースを歩きました。

      法宝寺→八幡さん→旧法宝寺→山頂への登山道→山頂→キャンプ場→旧法宝寺→法宝寺
      
スタート&ゴールとした「法宝寺」は高野山真言宗、中央に立派な仁王門が見えます。そして背景の青空を見てください。日中は気温が上がり暖かい穏やかな日和でした。



室尾山中腹にある旧法宝寺跡



山頂に近づくにつれ残雪があります。まだ芽吹き始まってません。



もうすぐ山頂



途中倒木などの簡単な処理をしながら歩き、110分ほどで山頂着。



雪をかぶった氷ノ山、鉢伏山方面の遠望




早めの昼食の後、途中の「男山」に立ち寄りキャンプ場へ下山。ここからも氷ノ山方面の山並みが見えます。




スタートの法宝寺に戻りました。




     今日は4月に開催する但馬山友会登山行事の世話役5名の下見登山でした。
     スタートすぐの八幡さん裏から山に入りますが、過日の大雪の影響と思われますが、
     歩く道は倒木などで少々荒れた道。手作業レベルでの整備しながらの登山でした。

        汗の出る4時間10分(昼食・道整備含み)

     下見登山が早く終わったので私一人「竹田城跡」を見てきました。別発信してます。   

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ