○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

最強寒波出口はいつ?

執筆 せきやん   掲載 2017年01月16日 18時25分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
14日から始まった大雪の累積降雪は、我が家の庭の場合70〜80センチほどになりました。今日はじめて、晴れ間の見える時間と雪の降る時間が交互にやってきましたが・・・





         


豊岡市のyahoo天気予報はここ数日まだこんな日が続きます。寒波の出口はいつのなるんでしょうか。


      


県道、国道の幹線道路は除雪車が早朝にやってきますが、それた住宅地はいつになるのか。それでもこの姿を見るとありがたいです。

  


今回の寒波は、数多くのたまご半分の景観がなかなか消えることがありませんね。



但馬に大雪

執筆 せきやん   掲載 2017年01月14日 10時08分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
1月14日、このシーズン初めての大雪です。昨日までオープンしていなかった但馬のスキー場も、これでOK。明日晴天になればいいのですが、予報はそうでなく雪が続く。自宅近く午前9時頃の雪景色です。





      このシーズン初めて除雪車が出ました。   





      今日の雪は湿りっけが多い







      豊岡市は降雪17僂畔麁擦気譴討い泙垢ら、市街地はどこともこんな状況でしょうね。

青倉山

執筆 ユウさん   掲載 2017年01月10日 22時20分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
青倉神社の旧参道を利用して 青倉山に登りました。

旧参道の入口は朝来町川上集落の最奥にあります。この石仏が目印となります。
 

参道にはミツマタが一杯咲いていました。


壊れた休憩舎 この付近から道が少し怪しくなりますがしばらくするとまた参道が現れます。


参道は一旦多々良木からの林道と合流します。林道を下ると本参道の入り口があります。
本参道の入り口には通行止の標識がありましたが、鳥居を見るためにそのまま進みました。
5分ほどで鳥居があります。


その上には立派な橋が残っていました。


青倉神社に到着  靴を脱いで参拝しました。


神社の裏には御神水があります。


青倉山への登山道を上ると 山頂付近に奥の院があります。
      

歩き始めて約2時間30分 青倉山(811m)山頂に到着です。


下山は林道を利用しました。


参考マップ(通行止箇所はあくまで自己責任で)

宵田・恵比寿まつり 

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月10日 15時36分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市日高町宵田にある、宵田・西宮神社の“十日えびす”のおまつりが1月10日行われ
今年は足元も良く盛大に行われ、参拝者も多く、賑わっていました。













私も開運”福くまで”を購入し,甘酒を頂きました。

賽の神祭り(田ノ口 正月行事)

執筆 きっさん   掲載 2017年01月09日 16時15分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
1月9日、豊岡市日高町田ノ口、巨大なわらじとぞうりを土俗信仰の「賽の神」に奉納。


今年1年の無病息災を願い、スギの大木にくくり付けられた。


昨年のわらじとぞうりは外される。わらに水分を含み伸びきり、かなり劣化している。


清滝神社の氏子たちが朝から稲わらを持ち寄り、お堂に集まって作り始める。


1.5mのわらじとぞうりを作り上げる。


田ノ口集落は、神鍋高原や阿瀬渓谷などと林道でつながっており、
悪霊を防ぐ足の神様「サエノカミ」の履物として
ぞうりを奉納し、旅の安全と村の加護を祈ったのが始まりとされる。
約400年続いている伝統行事。

別宮のお綱打ちと綱引き

執筆 きっさん   掲載 2017年01月09日 15時41分   カテゴリ 但馬の暮らし

本文を開く
本文を閉じる
1月9日、養父市別宮、年の初めに綱引きをして、豊作・無病息災を祈願する八幡神社の祭礼。
大綱は大きな2本のケヤキの木に飾るように結びつけ、悪魔を鎮めるとされている。
(写真は、強い雨降り、遠くから望遠レンズで写したのでボンヤリしています)


綱打ちは二つ組を6m+三つ組を6m+二つ組を6mの長さ18mに仕上げる。


綱打ち18m、重さ70〜80kgの大綱が出来たら神事を行う。


綱引き場所の屋敷まで男衆が担ぐ。


綱引きは上と下地区に別れ、7回勝負、4勝3敗で上地区が勝ち、その年は豊作になる。
綱引きが終われば近くの大ケヤキまで皆で担ぎあげて飾る。


別宮は鉢伏山山腹の標高680m前後にある集落、別宮の棚田、別宮の大カツラが有名です。
今日の棚田の風景、少量の雪面と田のあぜ道の曲線模様が棚田の美しさをかもし出す。

豊岡消防団出初式

執筆 ばたやん   掲載 2017年01月08日 15時01分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
豊岡市豊岡消防団の出初式が1月8日(日)に豊岡市民体育館で式典が行われ、その後豊岡中央公園
駐車場で模範訓練並びに一斉放水が行われました。
豊岡市民体育館では、式典では、市長の式辞や団長の訓示が述べられました。



表彰式では、消防所庁長官賞・日本消防協会長表彰・兵庫県知事表彰・兵庫県消防協会長表彰・市長表彰を
消防団員の方々が表彰されました。


豊岡市長の祝辞


団員の表彰
豊岡中央公園駐車場では、消防団員の隊列行進がおこなわれ、消化の模範訓練もおこなわれ
豊岡消防署のはしご車と豊岡の14分団の消防車が一斉放水を行いました。







<祝>成人式

執筆 しこさん   掲載 2017年01月08日 14時59分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
明日の「成人の日」に先がけて豊岡市では今日1月8日、成人式が行われました。


午前中は何とか雨も降らずにいたのですが、午後からは残念ながら冷たい雨が降ってきました




女性の皆さんは、長い振袖を気にしながらも晴れやかな笑顔で市民会館での式に出席です。


男性の皆さんも正装で。




成人おめでとうございます。

いよいよ大人の仲間入りですね。
責任と自覚を持ち、新しい出発に一層のご活躍を期待して新成人の皆さんと 乾杯!

おめでとう、晴姿の成人式

執筆 きっさん   掲載 2017年01月08日 14時22分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
1月8日、小雨、朝来市和田山町ジュピターホールにて「朝来市成人式」が行われました。


着物姿の新成人が私のカメラに向かってピースサインで応じてくれました。


せっかくの晴れ姿に生憎の小雨の中でしたが楽しそうな雰囲気が伝わってきます。


国際色豊かな成人式、このような異国人も参加していました。


中央文化公園名物の日時計とメタセコイヤ並木を通って会場に向かう人々です。


「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます日」です。
次世代を担う新成人にお祝い申し上げます

貴重な晴天・城崎周辺散策

執筆 せきやん   掲載 2017年01月07日 21時37分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
1月7日、この季節にしては目の覚めるような晴天の夜明けを迎えました。また明日から ☁ ☂ ⛄ が続くという空模様。この晴天を逃してなるものか!と城崎方面散策に出かけました・・・が午後からだんだん☁空。こんな所をマイカー散策してきました。

来日岳からの展望

標高567m・一等三角点の名峰です。山頂近くの八畳岩から蛇行する円山川。



津居山湾への円山川河口方面




木々が伐採されて竹野方面の展望がよくなりました。猫崎半島も見えます。



円山川に沿う菊屋島  

「豊岡市歩いて暮らすまちづくり」が指定するウオーキングコースのひとつです。



日和山海岸沖後ケ島の竜宮城

日本書記の浦島太郎物語に登場する竜宮城にそっくりさん。



竹野方面に向かう途中の展望所からの竜宮城



竹野の猫崎半島 

「お昼寝キュウーピ」と呼ばれ兵庫県最北端の灯台まで歩いて行くことができます。半島西側は多数のポットホールなど典型的な山陰海岸ジオパークエリアです。



     城崎温泉は正月明けの3連休でも結構な観光客でした。若い人も結構多い。     
     来日の山頂に太陽が注いだ時は、小鳥が チチ・・・と囀りもう春を感じているのかなぁ?
     今日は貴重な晴天を満喫してきました。明日からはそうはいかない但馬の冬空が続く・・・

     特派員ボランティア活動は、初投稿から丸10年が過ぎ去り11年目に入ります。
     但馬の今を発信しているメンバーはほとんど70才越えとなりました。活動は今までと違い
     少し柔らかめになるため、初期画面真ん中から左に移動しました。みんな元気の限り頑張って
     ホットな但馬を発信してまいりますので引き続きご支援願います。


     

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ