○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

城下町びあガーデン

執筆 まっち   掲載 2017年06月24日 21時30分   カテゴリ 但馬の文化・団体活動

本文を開く
本文を閉じる
6月24日(土)午後5時から八木城交流館で城下町びあガーデンが開催されました。八木城交流館の全室に人があふれかえる賑わいですが、残念ながら、オフレコでお伝えできません。屋外からの画像のみですが、中の様子をご想像ください。

午後8時前後に何とか到着。むっちゃ楽しそう。子供たちが、あちらこちら走り回っています。小林会長から2階に行ってみろと合図。2階に上がる階段はさらに修羅場。2階席満室。お伝えできないのが、残念です。1階に戻っても座る場所を探すのがやっと。

厨房もてんやわんやでした。はい、食べるもの売り切れました。飲み物、あと4杯など。落ち着いたところで、はい、チーズ。あっち向いてるやん。

八木城跡交流館が銀座のびあガーデンと錯覚するようなひと時でした。なんちゃって。
ところで、「びあガーデン」って、まっちが誤字で出したのではないですよ。
「ビアガーデンでは?間違いでは?」と聞いて、理由を説明してもらうのを忘れていた。

植村直己の故郷をウォーキング

執筆 きっさん   掲載 2017年06月24日 15時34分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
6月24日、晴天、豊岡市日高町、山陰海岸ジオパーク120kmウォークの参加イベントで
「植村直己の故郷を歩く、ノルディック・ウォーク」10kmに参加。JR江原駅から上郷地区へ向かう。


植村直己菩提寺、頼光寺の裏山にある植村直己のお墓を目指す。


境内裏の登山道には蓮の花も咲き始めていた。


紫陽花の花も綺麗だ。


小高い山に建つ植村直己のお墓。


ここから見る植村直己生誕地の上郷地区、その向こうには但馬コウノトリ空港も見える。


日高町内一周の帰路にある山本のコウノトリ人工巣塔。


今回のウォークはJR江原駅西口マルマツスポーツ主催するイベントでスタート・ゴール地点。


世界に歴史を刻んだ偉大な冒険家、植村直己さんが没後30年を迎えます。

43歳の誕生日だった1984年2月12日、厳冬の北米マッキンリー(標高6194メートル)単独登頂を果たしたが、翌13日の無線連絡を最後に消息を絶った。

日本人初のエベレスト登頂や世界初の五大陸最高峰登頂など多くの偉業を冒険史に刻み、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家。

但東町の田んぼアート

執筆 せきやん   掲載 2017年06月23日 19時34分   カテゴリ 但馬の温泉

本文を開く
本文を閉じる
但東町シルク温泉やまびこ前の毎年恒例の田んぼアート。今年のコウノトリのデザインです。





こんな旗を目印に、シルク温泉入浴ついでにご覧ください。





最奥の山は 東里ケ岳 東里の集落から登れます。



但馬の夕暮れ・星空<今子浦・神鍋>

執筆 せきやん   掲載 2017年06月19日 23時50分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
梅雨シーズンなのに続く晴天・高温、しかしまもなく雨天がありそうな予報です。19日、朝来市の立雲峡からこんな竹田城跡を展望してきました。



空見れば雲ひとつない青空・・・山陰海岸に沈む夕日は今日の空模様ではきっと綺麗? と思い立って夕方行ってきました。



場所は香住・今子浦。かって北前船の寄港地として栄えた入り江は今、海水浴場、キャンプ場が整備されています。画像左側に名物のかえる岩。夕日にはえるジオ海岸。



近くの大引きの鼻展望所から日本海に沈む夕日を見に行きましたが・・・




雲がかかり、あまり良い景観を見ることができませんでした。






帰路、アップかんなべスキー場ゲレンデ近くから21時30分ごろの星空。


   






       山陰海岸ジオスポットから海に沈む夕日の景観を見る場所は随所にありますが・・・
       海に沈むというのは期間限定があり、またの機会ですね。       

神鍋マラソン

執筆 ばたやん   掲載 2017年06月18日 22時14分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
第37回神鍋高原マラソン全国大会が但馬ドームを中心にファミリージョギング(762名)・ハーフマラソン(1477名)・5Km(591名)・10Km(1109名)がマラソン行われました。但馬ドームの前の広場や但馬ドームの中でいろいろ模様し物が有り沢山の人で賑わっていました。










但馬山友会例会<剣蛇ヶ岳>

執筆 ユウさん   掲載 2017年06月17日 18時50分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
但馬山友会6月例会<剣蛇ヶ岳登山とコウノトリの郷公園自然観察路ハイキング>に参加しました

コウノトリの里公園から剣蛇ヶ岳を見ながら出発します


剣蛇ヶ岳は白雲山ともいわれていて、山頂付近の自然林はとても美しいです




今日の参加者は78名 山頂はとても賑わいました


コウノトリの郷公園に下山して 郷公園の自然観察路も周回しました
     

整備された登山道です


この自然観察路からコウノトリの人口巣塔を見ることができます


三羽の雛たちもうすぐ巣立つんでしょうね

豪華寝台列車「瑞風」円山川を渡る

執筆 きっさん   掲載 2017年06月17日 14時54分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
6月17日、13時32分、朝来市和田山町JR山陰線「円山川橋りょう」が架かる但馬の大動脈の円山川を
JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」(みずかぜ)の一番列車が通過した。


食堂車やラウンジカー、世界でも珍しい1両1室のスイートルームなどを備えた「走るホテル」の旅が始まった。


列車は10両編成、JR山陰線をこんな長い列車は廃止になった寝台特急「出雲」以来だろう。


最後尾の10両目は展望デッキもある。


鮮やかな金色のライン、MIZUKAZEの文字、エンブレム、車両番号も洗練されたデザイン。


乗客16組31人が乗り込み、午前10時20分に大阪駅を出発、京都から山陰線で1泊2日の旅で下関へ。
今日は城崎温泉駅で1時間45分程停車、乗客は城崎温泉の観光。
料金は、1泊2日(ツイン)が1人27万円、ロイヤルシングル33万円、ザ・スイート(2名)75万円。
運行初日の乗車券の平均倍率は25倍で、スイートは29倍だったそうです。

ちなみに 福知山線経由山陰線の大阪発下りの特急「こうのとり」は4両編成です。

山陰海岸ジオスポット・勝部不動滝

執筆 せきやん   掲載 2017年06月13日 20時36分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
鳥取県の 「勝部不動の滝コース」 が山陰海岸ジオスポットに加わったのはそんなに以前の事ではないと思います。パンフができた時から気になっていましたが、今日行ってきました。豊岡市東の端から鳥取市の西部は相当距離がありますが、滝が好きであればこその遠征です。

滝が三つありまして、そのスタートがこの「かちべ伝承館」。農村体験ができる施設とのことです。



一の滝(不動の滝) は伝承館から600mの距離。「御滝山大善院」↓↓↓の背にありますが・・・





水不足でした。




二ノ滝(湯原滝) 約20m  水量不足。いづれも降雨がないことが原因と思われます。




三の滝(妙円滝)は 鳥取地震被害で通行止めでした。 勝部不動の滝コース探索は少々消化不良。その変わりこのジオスポットで気分爽快。

白兎海岸




穴見海岸




諸寄湾





余部



        梅雨真っ最中とは思えない晴天でした。
 

癒しの森のガーデンショー・最終日

執筆 せきやん   掲載 2017年06月11日 20時31分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
6月11日、但馬高原植物園は緑いっぱい。 和池の大カツラです。



6月3日から始まった恒例の 癒しの森のガーデンショー は今日が最終日。午前はオカリナとピアノの演奏がありました。爽やかな森で聞くオカリナは心に癒しを感じさせます。その様子です。

ガーデンショー出演7回になる アールドヴィーヴルのお二人です。








途中、2曲だけブルースハープが加わってオカリナと共演。




午後からは香美町長のご挨拶から始まるガーデンコンペの表彰式。



受賞作品の一部です。





     


両手に持ちきれない数々の賞品を受賞され、制作のご苦労が報われました。


        


             


天候が予報から良い方向に変わり、心地よい晴天の最終日でした。
    

季節の花そして今日の月

執筆 せきやん   掲載 2017年06月08日 23時31分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる
但馬も梅雨に入りました。今日は晴れでも何となく梅雨を感じる湿っぽい日でした。花を見ていますと季節の移り変わりがよくわかります。今こんな春から初夏の花が咲いています。

                      アストランティア



                      クレマティス



   
                      ヒメシャラが咲き始めました 夏ツバキはもう少し後




                      バラ
                             



そして今日6月8日22持50分、満月一日前のお月さん。9日の満月は、今年一年で地球から最も離れて小さく見える月らしいです。さらに昇り始めは赤く見える「ストロベリームーン」とのこと。




そろそろ海のイベント予定が聞こえてくるシーズンになりました。
とりとめもない特派員だよりでした。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ