○気軽に情報発信!あなたも特派員になりませんか?
  • パソコン・デジタルカメラがあり、インターネットにつながる環境にあること。
  • 月に2〜3回以上、但馬情報特急にブログ投稿できる方
  • 年4回の例会に参加できる方
ご興味のある方は“但馬ふるさとづくり協会”まで、お電話もしくはお問い合わせフォームにてご連絡下さい。
【お問い合わせ】
 但馬ふるさとづくり協会 住所/豊岡市山王町11−28 TEL/0796-24-2247
 お問い合わせフォーム/https://www.tajima.or.jp/modules/inquiry/?form=0
ふるさと特派員おすすめ情報

オープンガーデン神鍋高原<開催事前情報>

執筆 せきやん   掲載 2016年05月30日 21時16分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
来る6月4日(土)〜6日(月)の三日間、豊岡市日高町神鍋地区でオープンガーデンが開催されます。神鍋地区として新たに独立しての第一回開催です。  〜新しい出会い!高原の風にさそわれて〜 をテーマに、高原ならではの知恵を絞った開催となるようです。今日30日、準備に忙しい5軒におじゃまし様子を探ってきました。

         神鍋の山々を借景に、花談義を楽しみに・・・<陽気なガーデン(大野久子さん)>



         発展途上の小さな庭ですが・・・ <Small Garden (和田雅子さん)>



         神鍋高原の自然がもたらすやすらぎを・・・<こぼれ種ガーデン(原清美さん)>




         山野草の庭づくりをしています <辻晋一朗ガーデン>



         自然の中で四季の草花を  <テラスからのぞむ庭(和歌さん)>


参加のご家庭や箇所はこの 但馬情報特急のイベントコーナー をご覧ください。また、初日の6月4日(土)午前10時〜11時に道の駅神鍋高原に於いて オープニングセレモニー が開催されます。

*****5月27日から開催された とよおかオープンガーデンは、天候にめぐまれ大盛況のもと29日に閉幕しました。その参加の庭の内「癒しの葉彩ガーデン(佐藤庭)」は6月末日まで観賞できますので是非お立ち寄りください。*****

新緑の霧が滝渓谷

執筆 しもやん   掲載 2016年05月30日 09時24分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
新緑の深まった霧が滝渓谷、植物調査を兼ねて楽しみました。



季節毎に危険場所も整備され、車道から霧が滝まで2,5k水音も心地よく癒されます。



「霧が滝」春の新緑、秋の紅葉その時々雄姿変わらず。





二人静、勿論 一人静も道すがら目に出来ます。




初めて見かけました、トリカブト、猛毒として知られていますがこの近辺のはトリカブトでも
毒の無いサンヨーブシとか! 花は薄いブルーだそうです。
無毒と言われても接触したいとは思いませんね!




勿論渓谷沿いには「栃の大木」が処々あり太古の時代を思わせます。



豊岡市のオープンガーデン開催<事前情報>

執筆 せきやん   掲載 2016年05月25日 18時35分   カテゴリ 但馬のイベント

本文を開く
本文を閉じる
第15回とよおかオープンガーデンが5月27日(金)〜29日(日)の三日間開催されます。今年は神鍋地区が独立して6月4日(土)〜6日(月)に開催されるため、とよおかオープンガーデンとしては日高三方地区3軒、日高地区6軒、但東相田地区1軒の計10軒での開催となります。


             参加の庭主さんは最高の条件で観賞の皆さんを

              お迎えすべく懸命に手入れされています  

           
             


      


             今はバラが最高の季節

      










             開催パンフです  情報特急イベントコーナーもご覧ください。
             
             
      


            まずまずの天気予報です、愛情込めて育てた庭・花をぜひご覧ください。
             なお、神鍋地区の事前情報は後日お知らせします。

爽やかな 名勝香住海岸

執筆 きっさん   掲載 2016年05月22日 17時28分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
5月22日、快晴、「山陰海岸ジオパーク120kmウォーク in 名勝香住海岸」イベントに参加。


「しおかぜ香苑」から海岸線に沿ってスタート。113名エントリー。


香住浜には「ハマヒルガオ}が咲き誇って、県内外の参加者を歓迎。


「ハマヒルガオ」眺めながら、片道3.5km先の三田浜海水浴場を目指す。


「但馬の松島」と呼ばれる絶景、コバルトブルーの海岸、紺碧の空、潮風が肌に心地よい。


「但馬の松島」を傍目にウォークする、磯の香が心身の癒しを感じる。


三田浜では恒例の地引網体験、まず説明と注意事項を聞く。


よいしょ・よいしょの掛け声と共に力を合わせて網を引く。


取れた魚は即バーベキュー焼きで頂く。


ジオパークの「漣痕化石」「象、鹿、鳥」の足跡化石の説明もありました。
初夏の30℃近くの暑さだが、爽やかな潮風で気分爽快な一日でした。

ネクタリンの一次摘果

執筆 ちぃちゃん   掲載 2016年05月20日 07時50分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる



特派員ブログの読者のみなさん、ネクタリンをごぞんじですか?

桃によく似た果物ですが、桃と違い、産毛が生えていません。

黄色の柔らかな果肉は甘酸っぱく、熱心なファンの多いフルーツのひとつといっていいでしょう。

国内では長野県が全国シェアの7割を占めており、但馬内で買えるネクタリンは長野県や山形県のものが多いです。



さて、そんなネクタリン。実は養父市で作っている人たちがいるんです。






養父フルーツ生産組合は、30年近くネクタリンの生産に取り組んでいます。





作業中のほ場にお邪魔すると、ちょうど一次摘果の最中でした。

いわゆる「間引き」ですね。

不要な実を選定して落としてしまうことで、より出来のいい、美味しい実になるんです。

素人にはもったいないような気がしてしまいますが…(笑)







7月頃に出荷が始まり、養父市の直売所「フルーツの里やぶ」(養父市上野)で販売されます。





年々生産量が減り、「幻の果物」になりそうなので、なんとか後継者の方が見つかればなあ。

組合では栽培に取り組んでみたい方を募集しているそうですよ。

鉢伏山トレイルランの道を探索

執筆 ユウさん   掲載 2016年05月19日 20時40分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
毎年7月に兎和野高原を出発して瀞川山・鉢伏山・高坪山を経てソラ山を折り返すトレランが行われいる。
全長32劼鬟薀鵐縫鵐阿垢覿サ擦

今日はそのうち約10kmのウオークに出かけた
私たちの出発点はグリーンパークハチ北キャンプ場

昇龍の滝を見て
       

ウリワラコースから大幹線林道を目指す


歩き始めて2時間30分で鉢伏山に到着しました


鉢伏山を背に高坪山へ向かいます
       

高原漫歩


レンゲツツジが咲いていました




トレラン折り返し地点は尾根の激下り
       

そして激上り


こんな素敵な尾根ですが・・・・・


稜線まで戻り昇龍の滝へ下ります


ルイヨウボタンが咲いていました


休憩をしながらゆっくり歩いて約6時間30分

競技は今日の3倍強の距離を走って行われます。すごいですね!!
  
今年は7月3日に行われるとのこと 当日応援できたらいいですネ!!

興味のある方は「姫ボタル瀞川平トレイルラン」を検索してみてください

朝倉山椒シーズン到来!

執筆 ちぃちゃん   掲載 2016年05月19日 19時12分   カテゴリ 特派員だより

本文を開く
本文を閉じる



やってまいりました!養父市発祥の朝倉山椒シーズン!





マスコミもたくさん!注目度抜群です。




今年も大粒の実がなりましたよ。








今日は高柳小学校の生徒さんが収穫を体験。「初めて体験したので、いい経験になりました」と大人顔負けのコメント。

朝倉山椒を知って、自分が生まれ育ったまちと朝倉山椒を愛してね。

ハマヒルガオ満開〜浜坂サンビーチ

執筆 しもやん   掲載 2016年05月19日 19時10分   カテゴリ 但馬の自然

本文を開く
本文を閉じる
浜坂サンビーチは一面ハマヒルガオに覆われ、真夏の海辺とは異なりホットします。

















サンビーチはハマヒルガオの他にハマダイコン、シロツメグサ、ハマエンドウ、コマツヨイグサ
ヒゲガヤ、コウボウムギ、等が自生しています。
朝の散歩には絶好の場所、松林、日本海、&ハマヒルガオの絨毯、当分楽しめそうです。

浜坂の千々見山軽登山

執筆 せきやん   掲載 2016年05月18日 22時58分   カテゴリ 但馬の山々

本文を開く
本文を閉じる
新温泉町浜坂にある観音山(245m)、城山(175.5m)、千々見山(262.9m)を総称して浜坂3山と呼ばれています。過去にいづれの山にも登っていますが、千々見山へ宇都野神社から上るルートが整備されたと聞き探索に行ってきました。

麒麟獅子舞で有名な宇都野神社です。階段を上がったところに拝殿があります。



拝殿に向かって左側のこんなところから山道に入ります。



加藤文太郎山の会で登山イベントが開催され、会の関係者の方々により、登山道整備とともに道迷いのないよう赤テープとロープが取り付けられています。

 

結構な急登です。私の足で34分で山頂到着です。途中の道からはほとんど展望はありません。山頂には展望台があります。




三角点がありますが、初めての人はなかなか見つけられない場所。前回登ったのは7年ほど前ですが、場所は覚えていました。

         

展望台からの展望です。前の木々が大きなって、諸寄湾と城山はよくみえません。7年前は展望がよかったんですが・・・

少し上に出ているのが城山です。 

          

観音山




諸寄湾



しばらく休憩の後同じ道を下山しました。


       加藤文太郎山の会・会長さんから今回のルート情報をいただきました。
       ありがとうございました。昨年に引き続き今年11月に3山登山イベントを
       開催されるそうです。私の所属する但馬山友会でも11月はイベントが多く
       日程がかさならなければ参加したいですが・・・   

山陰海岸ジオスポット玄武洞〜かえる島

執筆 せきやん   掲載 2016年05月18日 21時41分
カテゴリ 特派員がオススメするベスト観光ルート » 山陰海岸ジオエリアを楽しくウォーク

本文を開く
本文を閉じる
強風、強雨すぎて但馬はしばらく晴天が続くという事で、初夏の山陰海岸ジオスポットのいくつかを探索してきました。空と海は少し黄砂の影響か(?)すっきりしない青でしたが、木々は緑いっぱいでした。

玄武洞  

  円山川右岸の山すそにあり、160万年前の火山活動の溶岩冷却によりできた柱状節理は天然記念物指定です。  




青龍洞




モミジの葉の背景から日光があたり、新緑がより鮮やかでした。

           


日和山海岸  後ケ島の竜宮城  









竹野・猫崎半島



今子浦のカエル島    沖行く漁船の安全を見守っているような姿です。








     ゆっくり走る車窓から日本海の水平線、かすかに見える漁船、漁業の街並み、砂浜、
     竹野のはさかり岩・・・いくつかある休憩スポットに車を止めて観る景観・・・
     なんと日本は平和な国か  といつも思います。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ