森のカキノキ

基本情報 マップ 類似コンテンツ クチコミ(0)

延宝時代に植えられたもので、品種はヤマト、渋柿で、主として吊るし柿に使用される。晩秋100〜120kgの収穫があり、皮を剥き干すため軒下は玉すだれのようになる。年末には親戚・知人に贈り、田舎のおふくろの味として珍重されている。姿が生花の未生流の基礎の形に酷似している。

樹種カキノキ科・カキノキ属
所在地香美町香住区森
樹高6m
幹周2.4m
樹齢370年
所有者中村寿夫
管理者中村寿夫
アクセスJR山陰本線香住駅より全但バス村岡行き応挙寺下車2分、県道香住・村岡線

森のカキノキ1
但馬情報特急
クリックで拡大

マップ

クチコミ

投稿する

タイトル
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ